So-net無料ブログ作成

河津桜まつり 食事



河津桜まつり 食事

といえば、

河津駅南口前での海鮮丼専門店。

毎年大人気でおなじみの「伊豆海鮮丼」や「河津桜豪快海鮮丼」、河津桜まつりをイメージした新メニュー「駿河海鮮丼」などの新鮮な地魚、海の幸、山の幸の満足のいく堪能も、醍醐味の一つ。

そのような夢見心地の中でも、

実際に桜をのんびりと眺めながら、和菓子に舌鼓を打つのも、趣のある過ごし方。


今年の河津桜まつりは、2月5日火曜日から来月3月10日日曜日まで。

伊豆の河津桜の由来とは、

1955(昭和30)年に飯田勝美氏が、静岡県賀茂郡河津町田中にて、原木を偶然発見したことから。
当初は、発見者の飯田氏の屋号より、"小峰桜"と地元で伝えられていて...。
しかし、その後の学術調査から、新種と判明。
そして、1974(昭和49)年に"河津桜"と命名。
河津町の木として指定されたのは、1975(昭和50)年。

河津桜の開花状況に関しては、実行委員会公式HP( http:///www.kawazu-onsen.com/sakura/sakura.htm )で確認するのが適切でしょう。
その上で、お目当ての桜の咲く場所へ出向いて、桜をのんびりと眺めながら、「桜まんじゅう」に舌鼓。

その「桜まんじゅう」は、伊豆半島の松崎町で生産された塩漬けしている桜葉を使用。
しかも、松崎町での生産は、全国の約7割。

素晴らしいひとときを過ごさせるかも。

一人でもいいし、

気心の知れた仲間と一緒でもいいし。


事情あって行けなかったら、

その時は、

通販などで取り寄せて、晴れた日に近くの公園などに出向いて、桜をのんびりと眺めるのも、悪くない。

2013-02-04 | 共通テーマ:日記・雑感 | nice!(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © シャチとクマとタカと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます